カーコーティングの専門業者と保証に関する注意点

カーコーティングの専門業者と保証に関する注意点
を保有している方々は、たまに業者にカーコーティングの代行をお願いしています。比較的簡単に乾きますし、確かに専門業者に任せるメリットは大きいです。

ところで専門業者としては、たまに「保証」を強調している事があります。保証という表現を聞きますと、いかにも良さそうに思えるでしょう。
ただその表現を聞いた時には、誤解が生じる事もたまにあります。具体的に何が保証されるかは、よく確認しておく方が良いです。それを確認しておきますと、重要ポイントが見えてくる事もよくあるからです。

例えば保証制度が完備されている業者にて、カーコーティングの施工を行ってもらったとします。半永久的に水だけで洗浄できるなどとアピールされたので、とりあえず業者に任せたとします。
しかしそういう業者にカーコーティングを行ってもらったとしても、万が一の状態変化が生じる可能性も大いにあるのです。例えば、光沢感の変化などは大いにあります。

そもそもカーコーティングと言っても、永久的に持続するものではありません。どこかのタイミングで、光沢感が落ちることは大いにありえる話なのです。ですが専門業者から「保証」などの一言を聞きますと、いかにもカーコーティングの効果が持続するように錯覚してしまう事もあるのです。

そうではありません。カーコーティングの効果とは言っても、程度の問題があるのです。
たいていの専門業者は、施工時に契約書などは渡してくれます。その内容をよく見てみますと、保証内容が明記されているケースが殆どです。やや細かい字で記載されている事も多いのですが、実はそこが重要項目なのです。

例えば「著しい」などと明記されている事もあります。そもそもツヤが衰えてしまうとは言っても、様々な程度が考えられるでしょう。相当にツヤが衰えてしまう事もあれば、「少しだけ」ツヤがなくなってしまうパターンもあります。

カーコーティング施工で洗車も楽になりますが、業者にお願いしてコストパフォーマンスをしっかりと分析する必要があるでしょう。

それで専門業者がアピールしている「保証」というのは、前者のような「相当に」ツヤが消えてしまった時なのです。つまり軽微なレベルのツヤの衰えなどは、専門業者の対象外という契約内容になります。絶対にツヤの衰えが発生しないという意味ではありませんから、注意が必要です。具体的に何が保証されるかは、しっかり熟読しておく方が良いでしょう。
ただその保証に関する記載を細かく見てみますと、普段のメンテナンス方法に関するヒントが見えてくる事も多いのです。例えば、洗車時の布地の硬さに関する注意書きです。

確かに専門業者としては、光沢感などはある程度保証してくれます。しかし硬い布地で洗車を行った時は、保証の対象外になると書かれている事もあるのです。

それと、洗剤に関する指定です。カーコーティング後に何らかの洗剤を使って、車を洗浄する事は大いにあり得る話です。しかし一部の洗剤は、保証の対象外になる事もあるのです。一部のリキッドを使ってしまいますと、自己責任になってしまう事もあります。

しかしそういう注意書きを読んでおきますと、カーコーティング後の正しいメンテナンス方法に関して、有益な情報を得られる訳です。少なくとも上記のような注意書きがあるなら、「布地はソフトな物が良い」のと「洗剤にも指定の物がある」という2点が分かるでしょう。ですから専門業者が渡してくれ保証に関する契約書は、やはり一読しておく意味はあるのです。

人によっては、カーコーティング後のメンテナンス方法がよく分からない事もあります。その際のヒントが書かれている訳ですから、熟読が推奨されます。

いずれにしてもカーコーティングを行ってもらう時は、「保証」という表現には要注意です。何が保証されるかはよく確認してから、カーコーティングの代行を任せる方が良いでしょう。

カーフィルム専門店でカーフィルムを検討している場合も同様です。