低音域の重要性

どんな音楽でも映像でも、大事になってくるのは低音です。
では、まずは分かりやすい音楽における低音の大切さから。音楽における低音の大切さは言わずもがなです。バンド音楽なんかだと分かりやすいかと思います。低音、つまりベースやドラムの音がなくなったらどうなるでしょうか? 音がスッカスカになること間違いなしです。その上、低音は他の音域よりも響くので空気の振動としてライブ感を味わうことができます。映像でも同じことが言えるのです。環境音における低音は感じ取りにくいだけで、注意して聞いてみると低音がしっかりと入っています。その低音が消えると浮いた音になってしまいます。また、室内の場面などでよりリアルさを追求したい場合、クーラーや遠くで車が往来するといったような音を入れます。それらを構成しているのが低音なのです。気持ちの良い音楽を聴いていると、思わず口ずさみたくなります。車の運転時も同様です。恥ずかしくないように、車にスモークフィルムを貼りました。これで音も気持ちよく聞けて運転も気持ちよくできます。
ここまで書いてきましたが、低音を制すものが音を制すと言っても過言ではないのです。低音はあらゆる音響を影でひっそりと支える縁の下の力持ちなのです。これを機に、低音に耳を傾けるのはいかがでしょうか?