カーコーティングとプロテクションフィルムについて

みが付かないようにで施工しました。
車に対する保護方法は、様々な選択肢があります。カーコーティングなどは、よく検討されているのです。中でもガラス系のコーティングなどは、かなり車を守ってくれる力が強いです。新車独特の雰囲気をキープしたい時などは、確かにカーコーティングはおすすめと言えます。
しかし車の見た目を良くする事だけが、カーコーティングのメリットではありません。他にもポジティブな効果があるのです。
ところで車の塗装を守りたいと思うなら、カーコーティング以外にも手段があります。ウィンドウコートをガラスコーティング専門店でウィンドウコートも行えばガラスの劣化も守ってくれるでしょう。

また、プロテクションフィルムという選択肢があるのです。
プロテクションフィルムは、いわゆる車の保護カバーのようなツールです。透明色になっていますから、5メートルほど離れれば目視で確認するのは難しくなります。つまり客観的に見て、フィルムが設置されているのも分かりづらいのです。

そしてプロテクションフィルムは、車に対する保護効果がとても大きいです。中でも飛び石に関するメリットは、特筆すべきものがあります。
例えば車のガラス部分に対して、石が飛んで来る事は大いにありえるのです。その場合車ドライバーのリスクは、明らかに高まってしまうでしょう。交通事故のリスクさえあります。

しかしプロテクションフィルムを設置しておきますと、飛び石によるリスクをかなり低くする事ができます。それで事故リスクを低くできると共に、車に対する損傷をかなり抑えられるのです。

ちなみにプロテクションフィルムは、カーコーティングよりは料金は高めになります。しかし保護効果を考慮すると、やはり悪くない選択肢とは言えるでしょう。そしてカーコーティングは、そのフィルムに関する大きなメリットがあるのです。

というのもフィルムにも、実はデメリットがあります。確かに5メートルほど離れれば、フィルムが見えなくなる傾向はあるのです。しかし、残念ながら仕上がりがあまり良くない事例も目立ちます。

やはり見ている方々は、よく車を見ているのです。そういう方々にとっては、フィルムの見栄えはあまり良くないと思われてしまう事もあります。
ところがカーコーティングを行うと、状況は全く変わってくるのです。カーコーティングは、是非フィルムと併用してみると良いでしょう。

そもそもカーコーティングというのは、車の見栄えを好転してくれるメリットもあります。中でもポリマーと呼ばれるカーコーティングは、かなりの光沢感を生み出してくれるメリットがあるのです。ですから見た目を気にしている車ドライバーは、よくポリマーのカーコーティングを行っています。

ただポリマー単独では、ちょっと弱い一面もあるのです。ポリマーに対して何かが衝突した時などは、一部が取れてしまう事もあります。

ところが上記のフィルムを設置しておけば、コーティングに対する保護も行えるわけです。つまりポリマーの弱点を、フィルムが補ってくれるイメージになります。
何と言っても、カーコーティングにはフィルムの見た目をよくしてくれるメリットがあるのです。フィルムを単独で設置すると見栄えがイマイチですが、その2つを組み合わせると、車の見た目が非常に良くなる傾向があります。つまりフィルムの弱点を、カーコーティングが補ってくれる訳です。

この「組み合わせ」というメリットは、実はあまり知られていません。カーコーティング単体でも十分に効果を発揮してくれる訳ですが、他の保護ツールと組み合わせをすると、車の見た目を一気に美しくできる訳です。

ただ両者を組み合わせる場合、それなりに費用もかかります。しかし明らかに車の見た目は良くなる訳ですから、ぜひカーコーティングはフィルムと組み合わせてみると良いでしょう。
飛び石保護にプロテクションフィルムをカーフィルム専門店の施工は特におすすめです。