カーコーティングがワックスよりおすすめの理由と雨を防いでくれる効果

カーコーティングは、しばしばワックスと比較されています。どちらも、車に対して光沢感を生み出してくれるメリットはあるからです。
確かにワックスも、1つの方法ではあります。少なくともコーティングよりは安い価格で施工を行えますから、ワックス剤を検討する方々も少なくありません。
しかしそれを考慮しても、カーコーティングの方がワックスよりはメリットが大きいと評価される事も多いです。なぜならワックスは、雨に関するデメリットがあります。ボディコーティング専門店でコーティングを施工すると雨染みも付着しづらくなるようです。

結論を申し上げると、雨を考慮すればカーコーティングの方がおすすめです。なぜなら、車を保護できるメリットがあるのは明白だからです。
確かにワックスは、安さに関するメリットはあります。その代わり、寿命に関するデメリットもしばしばクローズアップされているのです。残念ながらワックスは、あまり長持ちしません。

そもそもワックスというのは、単純に車体に乗っているだけの状態なのです。言ってみれば、ちょっと固めな油性絵の具が車の表面に付いているだけの状態とも言えます。

その状態は、あまり長持ちするものではありません。そして車に対して雨が降ってくる事は、大いにあり得るでしょう。そもそも車は野外で使われる訳ですから、どうしても表面部分に雨水が付着するのは、やむを得ない一面はあります。

問題は、その雨水によるワックスへの悪影響なのです。車の表面に油性絵の具が乗っているからと言って、強い雨水が降りかかってしまえば、簡単に落ちてしまうでしょう。ワックスも全く同じ状態になってしまうのです。

それで油絵の具には、車を汚してしまう事にはなるでしょう。厄介な事に、それは水性ではありません。水性の絵の具でしたら、もちろん車の表面を汚してしまうリスクは低いです。しかし油ですと、簡単には取れない性質があります。取れたワックスというのは、取れた油の絵の具とほぼ同じ状態なのです。ですから、もちろん容易には取れません。

つまりワックスにとっては、雨水は大敵なのです。逆にカーコーティングというのは、車体にとっても快適になる雨水を防いでくれるメリットがあります。
そもそも車の表面に雨水が当たってしまいますと、ウォータースポットと呼ばれる独自の模様が生じてしまうのです。現に古い車などは、何か化学系の物質が乾燥した模様が残っている事もあるでしょう。あれは雨水の中にある化学物質が、車の表面に残留しているのです。

その状態を放置しておきますと、車の塗装部分が派手に取れてしまう事さえあります。クレーターと呼ばれることが多いのですが、それでは見た目が悪くなってしまうのは明らかです。

カーコーティングというのは、それを防いでくれる効果が非常に強いのです。中でも撥水や超撥水というタイプは、かなり雨水をブロックしてくれる力が強いです。
それでウォータースポットなどは、そもそも発生しないのが一番です。コーティングが雨水をブロックしてくれれば、スポットの原因になる物を稼げる訳ですから、それだけ車に損傷が発生しづらくなります。

逆にワックスの場合は、そういう効果は一切ありません。雨水が車体に触れてしまえば、かえって車の見栄えを悪くしてしまう訳です。それではワックスを使った意味がなくなってしまうでしょう。逆にカーコーティングの場合は、車の見た目が悪くなるのを防止できる効果があります。

ただしカーコーティングにも、実に多彩な種類が存在するのです。それぞれ撥水性に関する効果に違いがある事だけは、間違いありません。
基本的に撥水性の高さを求めるなら、超撥水というタイプで検討しておくのが無難でしょう。

カーコーティングもそれぞれ性能は異なりますから、よく比較した上で選ぶのが肝心です。カーコーティング以外にもカーオーディオ専門店でデット二ングとスピーカー交換を施工する業者沢山あるので、何かしようと思ったらその道のプロに頼むとよいでしょう。