DIYガラスコーティングの下地処理

車ドライバーは、たまにDIYでのカーコーティングを行おうと考えています。現に自力の方法は、確かに費用に関するメリットはあるのです。

そもそも専門業者にカーコーティングを行ってもらうと、数万円ほどの料金を払う事になります。その数字は、ちょっと重たく感じられる事もあるでしょう。それに対して自力の手段は、1万円前後で収まることもよくあります。多少の手間があるのは確かですが、費用を節約したいと思っている方々は、よくそれを検討しているのです。

ところで自力のカーコーティングをいざ実行する前段階では、様々なハードルも立ちはだかる事があります。中でも厄介な要素の1つが、鉄粉なのです。それは、確実に除去する必要があります。

言うまでもなく、鉄粉は車に対しては良い影響はありません。まず見た目が悪くなってしまいますし、車体に対するダメージも深刻な物があります。
というのも鉄粉を車の表面に残しておきますと、サビが生じてしまう事も多いのです。明らかに車を劣化させる事になりますから、鉄粉は確実に除去する必要があります。

コーティングもおすすめ
それだけではありません。鉄粉は、カーコーティングの仕上がりを悪くしてしまう傾向があります。カーコーティングというのは、車の見た目を整える為に行う作業です。しかし鉄粉が残った状態でカーコーティングを行ってしまいますと、汚れが目立ってしまう事も多々あるのです。

このため施工を行う前に、まずは鉄粉を着実に除去する必要はあります。そして、それが大きなハードルなのです。
そもそも鉄粉は、なかなか落ちづらい傾向があるのは確かです。少なくともホコリなどの汚れと比べれば、断然落ちづらいでしょう。

基本的に鉄粉を落としたい時には、シャンプーなどの薬剤が推奨されます。しかし鉄粉はなかなか厄介で、たとえそれを使った時でも、除去できない事もあるのです。それでは肝心のカーコーティングの見た目が悪くなってしまいかねません。

ところで自力のカーコーティングを検討している方々は、しばしば粘土に着目しているのです。実は粘土は、鉄粉との相性が非常に優れています。
カー用品のお店を確認してみますと、車を洗浄する為の様々な物を販売しているでしょう。その中には、粘土を用いたクリーナーもあるのです。実は鉄粉と相性が良いのは、そのタイプです。シャンプーを使うよりも、かえって粘土の方が良い事さえあります。ですからカーコーティングを行う前に車に鉄粉が残っている時には、ちょっと粘土を使ってあげると良いでしょう。

ただし鉄粉を除去する前にも、実はやっておくべき作業が1つあります。そもそもカーコーティングを行う時に一番最初に実行する作業は、洗車なのです。それをしっかり行っていたか否かで、鉄粉を落とせる度合いもだいぶ変わってきます。

車に対する洗浄を怠った状態では、粘土による効果が限定されてしまう傾向があるのです。そうではなく、きちんと丁寧な洗浄を行っておく必要はあります。

それと粘土の表面部分を、常に綺麗な状態にしておく事です。粘土で鉄粉の除去作業を行えば、確かに車本体にある粉は取れます。しかし粘土に対して、鉄粉も付いてしまうでしょう。それをそのまま車の本体に当ててしまいますと、ヤスリがけをする状態になってしまいます。却ってそれで傷が付いてしまい、カーコーティングの仕上がりが著しく悪くなってしまう事もあるのです。あくまでも鉄粉が付いていない粘土で、除去作業を行うべきでしょう。

なおカーコーティングを行った後にも、粘土は有効です。時にはカーコーティング済みの車に、鉄粉が降りかかってしまう事もあるでしょう。そういう時にも粘土を使ってあげると、コーティング剤の状態悪化を防止できます。ですからコーティングを行うなら、粘土は準備しておく方が良いでしょう。いつも嫌な気持ちになります。

また、DIYならスピーカー交換がオススメです。