なぜカーコーティングの証明書は大切なのか

なぜカーコーティングの証明書は大切なのか
カーコーティングを業者に行ってもらう時には、様々な確認ポイントがあります。少なくとも、書類確認だけは必須だと考えておく方が良いでしょう。ちなみに書類は、後日の事故時などに大いに活躍してくれるのです。

車の運転で一番楽しかったこと。それは初心者マーク時代に高速に乗って家族で軽井沢旅行に行った時の運転でした。カーコーティングしたピカピカの車で事故を起こすと証明書が必要になります。それは、後で伝えるとして、まず、カーコーティングは、そもそも自力で行うとは限りません。仕上がりやスピード等を重視するので、専門業者に行ってもらう事例も多々あります。現に専門業者は、仕上がりなども良好な傾向はあるのです。

それで専門業者に施工を行ってもらった時には、基本的には証明書が発行されるはずです。まず、それが発行されるかどうかが1つのポイントになります。
きちんとしたカーコーティングの業者であれば、施工を行った事実を証明する書類を発行してくれるはずです。逆にきちんとしていない業者ですと、それ自体をうっかり忘れている事さえあります。ですから書類発行の有無は、専門業者を見極める基準の1つになる訳です。もちろん証明書を発行してくれる業者に依頼するべきなのは、言うまでもありません。

ではなぜカーコーティングの業者に書類を発行してもらう必要があるかというと、事故時の料金に関わってくるからです。それは保険金が下りるか否かには、間違いなく関わってきます。

そもそも車を運転していれば、事故が発生する可能性も大いにあるのです。自分では最低限に注意していても、時には第三者の失敗などが原因で、予期していなかった交通事故が発生する事もあり得るでしょう。
ただ多くの方々は、もちろん保険には加入しています。基本的に事故発生時には、
保険金はおりる事になるのです。

ところで事故が発生した時には、カーコーティングに関する大きな変化も生じる事になります。その際に、料金発生が1つのポイントになるのです。
例えばある時にカーコーティング済みの車を運転していました。ところが交通事故によって、ボンネット部分の破損が生じたとします。ちなみに他の箇所は、総じて特に問題ない状態です。

そういう時には、もちろんボンネットに対するカーコーティングが失われてしまう訳です。ですからボンネット部分に対しては、改めてコーティングを施す必要があります。実際そういうパターンは、非常に多いのです。

ところで事故後に改めてコーティングを行ってもらう時には、もちろん専門業者に対してお金を払う事になるでしょう。決して無料ではありません。

そしてカーコーティングの料金は、それなりにまとまった数字になるのです。ですから事故後に、料金支払いが非常に重たく感じられる場合があります。
ところが保険に加入していれば、話は異なってくる訳です。そもそも保険というのは、もちろん交通事故に備える目的があります。したがってカーコーティングの施行に関するお金も、原則として保険会社から支払われる事にはなるのです。

ところが、それには条件が1つあります。カーコーティングの業者から発行された証明書類が、あるか否かです。もしもその書類が無い場合は、残念ながら負担額はかなり大きくなってしまいます。ですから一番最初の段階で、書類を発行してくれる業者を慎重に選んでおく事は、とても大切なのです。万が一の事は大いにあり得る訳ですから、必ず書類は確認しておくべきでしょう。

またカーコーティングの施工後に書類を受け取った時も、それを無くさずに保管しておく必要があります。万が一紛失してしまった時も、色々と面倒な事になってしまうからです。クリアホルダーなどにきちんと収納した上で、厳重に保管をしておく方が良いでしょう。

また証明書類の有効期限にも注意を要します。期限切れですと、保健の適用外になってしまう事もあるからです。
このようにカーコーティングは、証明書が意外と重要なポイントになる訳です。

PR|カースピーカー交換は専門店で気軽に相談