カーコーティングについて

から聞いたことがあります。乗る時にも気を使う必要カーコーティングについて
カーコーティングを行う一番の目的は、車の見た目です。車に対して光沢感を生み出したいという目的もありますし、新車独特の新しさを維持したいという目的もあるでしょう。どちらにしても、見た目に関わっている事だけは間違いありません。
それで車ドライバーによっては、自力のカーコーティングを検討しています。確かに自力も、それなりにメリットがあるのです。やはり業者に任せるよりは、費用も安く収まる傾向はありますから、悪くない選択肢と言えます。

それでドライバーによっては、かなり本格的な施工を検討している事もあるのです。いわゆるポリッシャーを検討している方々も、少なからず見られます。
ポリッシャーというのは、言うまでもなく車に対する洗浄機の1つです。車を洗浄したい時には非常に便利なツールなのですが、普段の洗車時などにそれを使っている方々もたまに見かけます。そしてカーコーティングを自分で行いたい時には、確かにポリッシャーも悪くない選択肢なのです。

というのもカーコーティングを自分で行う時には、たまに失敗例もあるのです。その1つが、カーコーティング前の処理を怠っていたパターンです。
人によっては、カーコーティング前の洗浄作業を中途半端にしている事があります。それで車の一部分に対して、汚れ分が残っている事もあるのです。

その状態でコーティングを行ってしまいますと、汚れが強調されてしまう場合があります。ましてカーコーティングというのは、車の光沢感を高めてくれる効果があるのです。その光によって、車に残留している汚れが目立ってしまう場合があります。ちょっとした汚れでも、かなり強調される事もあるので注意を要するでしょう。
タオルでも傷が付くとセラミックコーティング専門店で傷のつきづらいカーコーティングがおすすめです。(^^♪

逆に言えば、事前の洗浄作業さえしっかり行っておけば良いのです。そして万全な洗浄作業を行いたいと思うなら、ポリッシャーが重要な役割を果たすことになります。

極端な事を申し上げてしまえば、車の洗浄はコンパウンドとスポンジとケミカルという3つのツールさえあれば、それなりに万全な状態にする事はできます。しかし流石の3点セットでも、なかなか除去しきれない汚れもある訳です。そういう汚れに限って、カーコーティングの仕上がりを悪くしてしまう事もあります。ですから出来栄えを良くしたいと思うなら、やはりポリッシャーは準備をしておく方が良いでしょう。お金をかけるだけの価値はあります。

ただ1つ誤解されがちですが、ポリッシャーは完璧なツールという意味ではありません。確かにそれを使いますと、車はかなり綺麗な状態になる傾向はあります。
しかし使うケミカルによっては、ちょっと問題点が生じてしまう事もあるのです。あまり良くないケミカルを使った後に、ポリッシャーを使ってしまいますと、かえって掃除の出来栄えが悪くなってしまう事もあります。それで塗装を傷付けてしまう事さえあるのです。

塗装が傷ついだ状態でカーコーティングを行ったとしても、かえって傷が強調されてしまうでしょう。ですからポリッシャーというのは、万能でもないです。このためポリッシャーを使った後にカーコーティングの施行を行いたいなら、ケミカルを慎重に選んでおく必要はあります。

それと、水あかを落とすのも大切です。水あかの洗浄が不十分ですと、ポリッシャーの効果も落ちてしまう傾向があります。ポリッシャーも併用してカーコーティングの施行を行いたい時は、アカも丁寧に落とすことが大切です。

このようにポリッシャーを使ってカーコーティングの前処理を行うにしても、色々とポイントはある訳です。正しい知識を習得してからポリッシャーを使わない事には、カーコーティングの見栄えが悪くなる事もあるので要注意です。

PR|サブウーハ―とかスピーカー交換をしたい