カーコーティングの超撥水

多くの方々が着目しているカーコーティングの1つに、超撥水があります。他タイプと違って、油分をブロックしてくれるメリットが高く評価されているからです。

まずカーコーティングというのは、撥水性に大きなメリットがある事は間違いありません。ですから雨水によるクレーターなどを防止したいとお考えの車ドライバーは、よく撥水のカーコーティングを検討しています。

それは良いですが、撥水のカーコーティングも万能ではありません。なぜなら、それは油などを防ぐのは少々難しいからです。
そもそも車に対して油汚れが付く状況は、大いに考えられます。それで油分が一旦付着してしまうと、やはり車体に対してダメージも生じてしまう訳です。少なくとも、見た目が少々悪くなってしまう傾向はあるでしょう。
コーティングをしている人は当たり前だと思っているシミがつかない、汚れないなんていうコーティングはありませんが、コーティングの種類によっても性能や効果は異なります。

それで油による汚れは、なかなか除去しづらいのが厄介です。専門の薬剤を使っても除去しきれない事もあります。ですから車に対する油などは、できるだけ防ぎたいのが本音でしょう。

ところで冒頭でも触れた超撥水のカーコーティングは、その油分さえ防いでくれる効果があるのです。もちろん油だけでなく、水もブロックしてくれる効果があります。それは新しい車を購入した方々にとっては、大きなメリットとは言えるでしょう。

せっかくお金を出して新しい車を購入した訳ですから、油による劣化などは何とかして防止したいものです。ですから新車に対して超撥水のカーコーティングを行っておくことは、それなりに意味があるでしょう。

現に車業界の専門家の方々も、超撥水のカーコーティングをかなり高く評価しています。他のタイプと比べて、かなりブロック効果が強いからです。
ところで超撥水のカーコーティングも、万能でない一面はあります。なぜなら、色合いの問題があるからです。

そもそもカーコーティングというのは、あまり目立ってしまうのは困る事もあります。というのもカーコーティングは、実は透明色であるとは限りません。
言ってみれば、車の表面に絵の具を塗ったような状態になってしまいます。それで

車の見栄えが不自然になってしまう事も、たまにあるのです。超撥水のカーコーティングが、それに該当します。
ただし、それにもいくつかポイントがあります。車の表面部分の起伏が、1つのポイントになるのです。

そもそも車体の起伏状態は、それぞれ異なっている事だけは間違いありません。中には、車体表面に微妙な起伏がある車も存在するのです。

そういう車に対して超撥水のカーコーティングを使った時には、ちょっと仕上がりが微妙になってしまう場合があります。理由は、上記でも触れた色合いです。

上記のような微妙な起伏が特にない車の場合は、超撥水のカーコーティングでも、仕上がりは良好になる傾向はあります。逆に何らかの起伏がある車ですと、コーティング剤が半透明になってしまう事も多いのです。それでは、コーティングが目立ってしまうでしょう。車の見た目を重視する方々としては、その状態は大変困ります。

つまり超撥水というカーコーティングは、車種との相性がポイントになる訳です。全ての車に対して使えるとは限らない点は、ちょっと注意を要するでしょう。
逆に車との相性が問題無いなら、ある意味文句なしのカーコーティングとも言えます。ただ車の起伏などの問題は、なかなか自分で確認するのが難しい事もあるでしょう。

もしも超撥水のカーコーティングを検討しているなら、まず専門業者に相談をしてみる方が無難です。幾つかの専門業者は超撥水も採用している訳ですが、もちろんその際に車種の確認も行われます。それなら車の仕上がりなども確認してくれますし、自力というより専門業者に任せる方が良いでしょう。

カーオーディオの施工も専門業者がおすすめです。