水跡を付けないための洗車方法

車をしたのにしばらくすると、水跡が付いていることに気付くことがあります。特に、色の濃い車の場合、白っぽい水跡が目立つかもしれません。
水跡は、水道水の中に含まれる塩素やカルキなど不純物の跡です。水分は蒸発して、その不純物だけが残ってしまいます。洗車場によっては井戸水での洗車になる事もあります。不純物のそれは、水道水とは比べものにならないものです。それで、「純水」で洗車するという方法があります。または専門店のプロに任せて、それこそ水滴残りや手間など考え不要の洗車という手もあります。純水は、水道水と違い不純物を取り除いているので、乾燥しても水跡が残ることはありません。ガソリンスタンドや洗車場に「純水洗車」の看板を掲げているお店があるので、そのようなところに車を持ち込んで洗車するようにします。一度拭き上げても、ドアミラーの辺りから水が垂れてくることがありますが、純水なら、垂れたまま放っておいても水跡になりません。拭き上げなくて濡れたままにしておいても水跡が残らないというメリットがあります。
ただし、純水洗車を自宅ですることは難しいということ、また扱っているお店を探さなければならないというデメリットはあります。一度お気に入りの専門店を見つけてしまえば、いつでも純水洗車で車をきれいに保つことができるでしょう。