主な3種類のカーコーティングとそれぞれの特長

車の見た目が気になる時には、よくカーコーティングが検討されます。それは確かに車を保護してくれる効果もありますし、見た目を一回り良くできるメリットもあるのです。ただカーコーティングとは言っても、複数の種類があります。まずはそれぞれの特長をよく理解した上で、最適なコーティングを選ぶと良いでしょう。ちなみにカーコーティングは、大きく分ければ3つ種類があります。

まず1種類目ですが、ポリマーと呼ばれるコーティングがあります。そして車の見た目を重視するなら、ある意味それが一番おすすめの方法なのです。
確かにカーコーティングは、どれも車の見た目を良くしてくれるメリットはあります。しかし、それにも程度の差があるのです。光沢感を1回り良くしてくれるカーコーティングもあれば、その数倍程度は光沢感が高められる施工もあります。

それで数あるカーコーティングの中でも、ポリマーはかなり光沢感が高められる特徴があるのです。見た目をよくしたいというニーズが強いなら、やはりポリマーが一番おすすめとは言えます。

ただしポリマーにも、弱点はあります。他のタイプのコーティングと比べると、ややデリケートな一面はあるからです。とりわけ雪国などでは、ポリマーはやや不向きな一面があります。

2つ目のコーティングですが、ガラス系と呼ばれるタイプがあります。それは、車を保護してくれる力に長けているのです。
ガラス系の場合は、車の光沢感を高める程度は、ポリマーほどは強くありません。
その代わり、車に対する様々な脅威を防げるメリットがあるのです。
例えば雨水などから車を保護してくれる効果がありますし、飛び石などによる傷もある程度ブロックできる力があるのです。

その他にも、強さに関するメリットもあります。上記でも触れた通り、ポリマーは雪国ではやや難しい事も多いのです。やや取れやすいからです。
それに対してガラスコーティングというのは、かなり強く車に固定されるのです。ポリマーと比べれば明らかにタフですから、コーティングの強さを求める方々にはおすすめです。

それと3つ目のカーコーティングなのですが、フッ素というタイプがあります。それには様々なメリットがあるのですが、まず寿命が比較的長いです。ポリマーと比べれば比較的長持ちするメリットがありますし、そもそも施工作業も比較的簡単なのです。
ポリマーコーティングを施工するならコーティング専門店で洗車含めた手入れもしてもらえるので、お金はかかりますが、長く綺麗に乗るなら専門店での施工が好ましいでしょう。

実はポリマーという手段の場合は、やや面倒な施工作業が必要になってしまいます。ですから多くの車ドライバーは、ちょっと専門業者に任せている事も多いです。それと比べれば比較的簡単に施工を行える点は、フッ素コーティングのメリットと言えるでしょう。

それとフッ素には、傷に関するメリットもあるのです。そもそもポリマーのコーティングを行ったからと言って、傷が特段に見えづらくなるとは断言できません。むしろ状況によっては、傷が目立ってしまう事さえあるのです。光の加減で、かえって傷が強調されてしまうからです。

それに対してフッ素の場合は、傷がかなり目立ちづらくなる点が特徴的です。しかも他のコーティングと比べても、費用も比較的低めな傾向があります。ですから数あるカーコーティングの中でも、コストパフォーマンスは比較的優れたタイプとは言えるでしょう。

このようにカーコーティングとは言っても、多彩な種類がある訳です。ですから車の見た目を重視するならポリマーが一番最適であり、車を保護したいと思うならガラス系が推奨されます。そして手軽さなどを求めているなら、フッ素が一番おすすめとは言えるでしょう。

結局どれを選ぶべきかは、車ドライバー本人のニーズ次第と言えます。自分のニーズに一番最適なカーコーティングを選ぶのが、最も無難でしょう。うから、洗車に煩わされないようをしておくのも裏ワザ得ワザです。

■ガソリンスタンドより専門業者の方がコストパフォーマンスが良い
カーコーティングを行う場合、複数の選択肢があります。自分でそれを行うのも一法ですが、やや手間が大きいと感じている方々も多いです。ですから自力というより、専門業者で検討している方々が目立ちます。

ところで業者にカーコーティングを行ってもらう場合、大きく分ければ2つ選択肢があるのです。ガソリンスタンドに施工を行ってもらう選択肢もあれば、専門業者に任せるという手段もあります。

それら2つのお店は、よく比較される傾向があるのです。中でも、お金を気にしている方々は目立ちます。なぜなら、明らかに専門業者の方が料金が高いからです。
確かにカーコーティングの専門業者は、ノウハウに関するメリットはあります。少なくともスタンドの従業員と比べれば、明らかに経験があるるのです。毎日のように施工を行っているのが専門業者だからです。逆にガソリンスタンドの従業員の場合は、給油は毎日行っていても、カーコーティングには慣れていない事も多々あるのです。

そしてカーコーティングを業者に任せる事を検討している車ドライバーも、よくそれを知っています。ですから専門業者に任せる方が良いとは分かっていても、そこで費用がネックになってしまう事も多々あるのです。

確かに専門業者の方が、カーコーティングの施工料金は高めな傾向があります。少なくともガソリンスタンドと比べると、2倍以上の料金になっているからです。
何せ車というのは、様々な維持費用もあります。ドライバーによっては、できる限りお金を節約したいと思う事もあるでしょう。ですからガソリンスタンドで検討する方々も、決して珍しくありません。

しかしよくよく考えてみますと、やはり専門業者の方が良い事も多いのです。その理由の1つは、寿命です。
確かにガソリンスタンドは料金は低めですが、その代わりコーティングはあまり長持ちしない傾向があります。ですから、ちょっとメンテナンスの頻度も多くなってしまう訳です。

あまりメンテナンスの頻度が多ければ、車ドライバーに対する労力は大きくなってしまうでしょう。逆に専門業者は長持ちしますから、メンテナンスの頻度もあまり多くはありません。ですから、ガソリンスタンドよりは楽なのです。
それだけではありません。寿命の問題により、結局は専門業者の方が安く済む可能性もあります。

例えばガソリンスタンドでしたら、施工料金が8,000円前後だとします。それに対して専門業者の場合は、16,000円といった具合です。明らかに2倍近い差があるのですが、これでも専門業者の方がお得なケースも目立ちます。寿命が関わってくるからです。

例えばガソリンスタンドの場合は、カーコーティングの寿命がせいぜい4ヶ月前後だとします。それに対して専門業者の場合は、1年前後といった具合です。という事はガソリンスタンド分でしたら、1ヶ月あたりの費用は2,000円という計算になります。逆に専門業者でしたら、明らかにそれよりも低い費用になるでしょう。ですからトータル的な費用を考慮すれば、結局はカーコーティングの専門業者の方が、安くなる事も多いのです。

何と言っても、専門業者には無難さに関するメリットがあります。残念ながらガソリンスタンドの場合は、トラブルの発生率も若干高めな傾向があるのです。あまり施行に慣れていないだけに、出来栄えに難が生じてしまうケースも珍しくありません。それに対して専門業者の場合は、毎日のように施工を行っている訳ですから、仕上がりも無難になる傾向があります。

つまりガソリンスタンドと比べると、専門業者の方がカーコーティングのコストパフォーマンスが良いのです。ですから多少費用は高めに見えるとしても、やはり専門業者に任せておく方が良いでしょう。

PR|英語上達の秘訣|貯蓄|JALカード|被リンク対策∞|GetMoney|思い出救出・映像復活専門店のDR119ネットショップ 開業|相互リンク|RANKERS|看護師 転職|ボディコーティング|クレジットカードの即日発行じゃけん|お家の見直ししま専科|女性向けエステ.com|生命保険の口コミ.COM|健康マニアによる無病ライフ工務店向け集客ノウハウ|生命保険の選び方|マッサージのリアル口コミ.com|住宅リフォーム相互リンク集|

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です